「Pinterest」をお気に入りWebサイトのクリップサービスとして使ってみる

- by konitter

画像版ソーシャルサービス「Pinterest」。近頃楽天が「Pinterest」に対して約40億円もの出資をするとのことで話題になりました。個人的には気になってはいたものの、イマイチ使用用途が見い出せず手を付けられずにいたのですが、アップした画像がタイムライン的に一覧しやすい性質を利用して、気になったWebサイトのクリップサービスとして使ってみることにしました。

導入手順を簡単に

「Pinterest」は現時点でも招待制を取っており、誰でも自由に登録できるわけではありません。なので、Pinterestを始めるには既にユーザーになっている誰かから招待してもらうか、メールアドレスを登録しておきサービス側で準備ができたら(ぼくの場合は1日で)メールが届くのでそのあとでサインアップすることになります。

サインアップできたら以下のサイトからページ上部のアイコン左から2番目の「Website」を選択し、クリップしたいサイトのURLを入れて「Pin」を押します。デフォルトではサイトの上部が切り取られますが、「Full length」にチェックを入れるとサイト全体がキャプチャされます。

そしたら「Pinterest」にデータが渡されアップ画面が開くので、アップしたいBoardと説明文を入力して「Pin It」を押すだけです。

ちなみに先ほどの「Pinstamatic」は、他にもメモ的なものやTweetなども投稿できる機能がありますので、興味のある方はその辺りも試してみると面白いかもしれません。詳しくは以下のページをご覧ください。

参考までに

ちなみにぼくがアップしているWebサイトのクリップのBoard(アップした画像をまとめるカテゴリーみたいなの)は以下です。

まとめ

国内ではまだまだですが、これから世界的に成長していくことが予想される「Pinterest」。みなさんはどんな用途で使っていますか?