CSS Nite in OSAKA, Vol.35 に参加してきました

- by konitter

一昨日7/9(火)は、CSS Nite in OSAKA, Vol.35(復活スペシャル)に参加してきました。テーマは、「スマホアプリのデザインから プロトタイプ作成まで」。 実は「CSS Nite」と冠の付いたセミナーに参加するのはこれが初めて。

CSS Nite in OSAKA, Vol.35 復活スペシャル

今回スマホアプリがテーマということですが、普段のぼくの業務ではスマホアプリに関わることはまずありません。もしあったとしても、ぼくの広告代理店の発注側という立場としては、アプリのデザインやプロトタイプを作るのは発注先の会社でしょう。

ではなぜ参加したか。今やこの業界はどこもかしこもアプリ、アプリ、アプリ。この分野では個人的にはもう完全に乗り遅れています。技術的な話は、ググるなり本を買うなりすれば手に入れられるものもあるんでしょうけど、普段アプリを作る人がどういうワークフローでどういう考え方を元に取り組んでいるかがどうもフワフワしててよくわからない。これが知りたかったんです。

参加した結果。確かに今回聞いたお話は、登壇された秋葉さんご夫妻のやり方かもしれないけれど、なるほどこうやってやってるんだというのが何となくわかって良かったと思いました。

レスポンシブだ、ワークフローがどうだ、ブラウザでデザインだ。分かってる人は分かってる。でもそうでない人はこれからの時代はこうしなきゃいけないんだ!みたいにねじ曲がって伝わってしまう。そうじゃなくてもっと柔軟に考えようよっていうのが、今回のテーマの根底にはあるように思います。

秋葉さんご夫妻はお二人とも元々デザイナーということもあって、紙のデザイン(いわゆるカンプ)は大事。それはそれでちゃんと作る。だけど、特にアプリにおいては紙のデザインだけでは伝えられないものがある。それを補うためにプロトタイプを作るのだそう。

そのプロトタイプは、HTML/CSS/JavaScriptで作る。JavaScriptを使うといってもゴリゴリにプログラムを組むのではなく、基本的にはclassの付け替えだけをさせる。それをトリガーにCSSを駆使して見せたい機能を実現する。

そうするのは、例えばプロトタイプで作った機能をクライアントに説明する際に、何か意見があってもCSSの値を書き換えるだけでその場で瞬時に見せられるのが良いんだとのこと。色を変えたり、物体を動かしたり。これならぼくにもできそう。デモで実際にその様子をやっていただいてよく分かりました。

で、そうしたプロトタイプを作る技術や経験が何に生きてくるのか。Firefox OSTizenなどWebベースのOSを搭載したスマートフォンが出てきたときに役立ってくるわけです。そしてその動きはこれから加速していくそう。(ちなみに先日のTizen死亡説はデマ[参考]

一方デザインにおいてデザイナーは、何らかの操作が成功した場合のデザインは作る。だけど、何かエラーが起きたときのことを考えていないのでは、と。例えば、検索結果が0件だったとき、スマホアプリで言えば、操作中に通信が切れたとき、など。そういうことも含めてデザイナーはデザインしていく必要があるし、デザインできるようにするためには、そういうことに対する普段からの理解が必要になってくる。

時間の関係上、後半の方がだいぶ駆け足になってしまったのが少し残念ではあったものの、(夫婦だけに)お二人の軽快なやり取りの中で普段のお仕事の風景が目に浮かぶようで、非常にためになる会でした。

次回の「in Osaka」はレスポンシブ周りがテーマになるそう。こちらもぜひ参加してみたいと思います。

長くなってきたのでこれくらいで。 関係者のみなさん、どうもありがとうございました。